FC2ブログ
PKM's Memorandum ホーム »amazonレビュー
カテゴリー「amazonレビュー」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Anker® 8200 DPI を使ってみる  

二週間ぶりの更新 最近定期的なブログの更新もままならないほどリアルが忙しくなってきました・・・

前まで使っていたLogicoolのマウス G300の左クリックが壊れてしまったので
急遽予備に買っておいたAnkerのAK-98ANDS2368-BA-0010を使ってみました

だwd
元々4Gmaerさんの記事で興味を持ったのですが
安価でそれなりに使えるゲーミングマウスということでとりあえず買って置いたものです

箱から出してドライバをインストール
通常の右クリ左クリとマウスホイールの他に 六つのカスタマイズ可能なボタンがあります
マウス自体はかなり大きめで 自分は手が大きい方だと思うのですが
押しにくいボタンも幾つかあります

G300はこれよりボタン数は少ないのですが マウスが小さめでボタンも押しやすい位置にあります
このマウスはぐぐっと指を伸ばさないと届かない部分があるので あんまり恩恵を感じないですね・・・

クリック感は押し心地がいいです 
マクロが設定できるのですがあまり使う機会はありません
専用ドライバで他のゲーミングマウス同様様々なカスタマイズができます
3dd45e41315b3fcd2d5c8766b36cae02.png

マウスホイールの速度を変えられるのが珍しいかも
DPIの設定を4つ保存できるので使い分けたりできます


8200DPIの高精度が謳われていますが あまり違いを感じませんね
自分が素人だからかもしれませんが


G300はこれより1000円高いくらいなのでそっちの方が万人受けかもしれません
マウスが大きいのとボタンが押しにくいのが欠点ですが
カスタマイズできるボタンが多いのが魅力です


自分はG300の方が好みかも マウスはまたLogicoolの方を検討するつもりです
時間がないので簡素な記事になってしまいましたが では次回
スポンサーサイト

category: amazonレビュー

tb: 0   cm: 0

メモリ増設してみた  

前回書いた通り
CoD:GHOSTSのシングルで最高設定にすると メモリ落ちするので
買っちゃいました

20131119_115906.jpg
(なんか画像が横向きになってみずらい・・)

CFDのDDR3 W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 CL9 4GB x 2枚セット
amazon

prime会員なら一応新品最安値で買えます7600円くらい


正直メモリについては素人同然なのですが
どこかで同じ規格のやつじゃないとなんとかかんとかとか聞いたんで
DDR3 PC3-10600 で検索してこれに


これをPCにブスリ♂します

20131119_115930.jpg

PC内部 2スロット空いてます ここにセット!


20131119_121352.jpg

入りました 片方がなかなか上手く入らなくて焦った
マザボが力入れすぎで割れそうでした・・・・おおこわいこわい



20131119_122014.jpg

でそのまま起動する前に予め作っておいた
memtest86+の起動用CDで起動

やりかたはggってね



20131119_121940.jpg
(ほこり?こまけーことはきにすんなって!)

するとmemtestが始まります
これが遅いのなんの 5時間で2回しか回らなかった
一応エラーはなかったし 今も普通に使えるので大丈夫みたいですね


メモリは意外と初期不良が多いらしいので
買い換えたり増設する時は必ずmemtestを数回回しましょう



で普通に起動してみると

Screenshot_1_20131120092352a93.jpg

ご覧の通り物理メモリ16k
これでメモリ不足で悩む日々はもう終わり
OSその他で2.5GB
fire foxをしばらく起動してるだけで合計6GB使用したりするので
ゲームやるときはいちいちブラウザ閉じていましたが その必要もなくなったようです


もともと入っていたメモリはA-DATA製ですが
メーカーが違っても問題ないみたいですね



これからは次世代機が発売されるのもあって
メモリ使用率6Gのゲームも増えて来そうなので増設して間違いはないでしょう
8Gじゃそのうち足りなくなってしまうんじゃないかと

とはいえ今は円安が進みつつあるので PCパーツの値段は軒並上がってきてます
お財布が心配な人はもう少し様子を見たほうがいいかも?


では次回


category: amazonレビュー

tb: 0   cm: 0

Sound Blaster Zxを購入  

買いました
理由は光角型入力で5.1ch環境を作りたかったからです
オンボだと光角型入力端子に繋いでも
Dolby digital liveやDTS Connectの機能がないので
2chでしか出力されないんですよね

逆に言えばその機能があるサウンドカードと
5.1chのホームシアターやらヘッドフォンを買えば
サラウンドでゲームを楽しめるってことです
つい最近までPCじゃアナログ出力でしか5.1chにならないもんだと思ってました(アホ)



GEDV0069_20130318163113.jpg

箱がなんかゴージャス
でかい(確信)


GEDV0070_20130318163113.jpg

取り付けるために半年ぶりにPCを開ける
埃ががが・・・

窓を開けてブロワーで吹き飛ばしから
取付作業に移ります



GEDV0071_20130318163112.jpg

箱から出した本体と
ヘッドフォン&マイク用のAudio control module
スゲー いかにもハイエンドって感じの見た目ですね
性能的にはミドルだけど(小声)



GEDV0072_20130318163112.jpg

取り付け完了

上にあるキャプチャーボードがグラボと接触しそうなんですが
それは大丈夫なんですかね・・・(不安)


GEDV0073_20130318163111.jpg

PC起動中は光ってます
眩しいです


PCを起動し 色々インスコして再起動
そしてホームシアターのTSS-20と光角型端子で接続

でもこれじゃあ5.1chになりません
Zxのコントロールパネルからシネマティックの項目にある
dolby digital live機能をオンにして
オーディオマネージャーから
スピーカーSound Blaster Zを規定のデバイスにします
(SPDIF出力ではない)


ゲームごとにサウンド出力を設定するゲームもありますが(Stalker Copとか)
それ以外で対応しているゲームはこれで5.1chに!
いや~念願のPCでの5.1ch環境
たまりませんわ


あ ちなみに音質ですが
素人の耳からでもオンボとは雲泥の差ですね
もうオンボには戻れない・・・
後イコライザもいじってみました
awcdawd.jpg

これが音楽を聞く際に最適な設定だとか
ゲームはまた別ですけどね
今んとこずっとこの設定で不満はないです


これでようやく環境がそろった所でしょうか
そろそろシングルばっかりやってないでマルチにでも挑戦しようかな
いい買い物をしました


では次回 13.4.24追記↓
-- 続きを読む --

category: amazonレビュー

tb: 0   cm: 3

TRITTON Pro+ 5.1 Surround Headset を使ってみる  

Mad Catzから2月上旬に発売された
TRITTON Pro+ 5.1 Surround Headset が届いたので
早速使ってみます

GEDV0069_20130215194050.jpg


尚 自分は特にスピーカーとかヘッドフォンに詳しいとかそういうのではないので
ここではあくまで個人的な使用感を書きます

詳しい仕様とかは4亀さんを参考に⇨4gamerの記事に飛ぶ


とりあえず開封してみます

GEDV0070.jpg

ヘッドフォン本体
大きさはごく一般的なヘッドフォンとそう変わりません

GEDV0071.jpg

Dolby Digitalのデコーダーと配線類が入った箱


GEDV0072.jpg

全部出してみた




GEDV0073.jpg

配線は結構長め あと硬い

ヘッドフォンは付けてみた感じでは
密封型で結構きつめ その分音漏れとか周りの雑音は入らないので集中するにはいいかも



リアル5.1chヘッドフォンには必ずある各スピーカーの音量調整用のツマミ
まず一度4gamerさんの推奨設定を試したのですが
どうもセンターの音がかなり小さい

ので自分好みにいじって 下の写真の通りに
GEDV0075.jpg(何故がピントが(ry)



音量の段階は赤→シアン→白→青→緑の順でだんだん小さくなっていきます
それぞれの色ごとにも4~5段階くらいありますのであくまで目安ですが

FRONTはシアンの上から2番目くらい
CENTERは赤の一番上の最大ボリューム
REARはFRONTよりちょい上くらいでお好みで
SUBは好みのよりますが低めで


ちょいと使った感じでは
この設定が一番良い感じに聞こえます






で 早速PCにつなげてみる

家のPCはrealtekのオンボですがアナログ5.1ch端子があるので
それで繋いでみて ゲームをプレイしてみました

定位置については良い感じに聞こえると思います
4gamerさんにも書かれてる通り 
後ろ というか斜め方向の音の位置がよく分かる

リアル5.1chヘッドフォンは 
5方向というより 斜め4方向の聞き分けができるヘッドフォンという印象
そういう意味では 非常に優秀だと思います

随分前に買ったAL-DP100V 記事⇨http://kz55018.blog136.fc2.com/blog-entry-96.html
に比べ イヤーパッドが耳全体を包むので非常に聴きやすい
音質もなかなか 値段相応というかと言うとちょいと肯定できませんが
少なくともごく一般的なヘッドフォンとしては合格点
ちょっと音がこもって聞こえるのが残念


まあ繋いでいるがオンボなので 
サウンドカードを買ってそれに繋げばもっと良い感じに聞こえるかな
普段はRecon3DにSE-A1000を繋いでいるので
マルチFPSをする時ぐらいしか使わないかも



今度はDolby Digitalのデコーダーを通して光角型端子で繋いでみたのですが
アナログ接続に比べれば当然と言えば当然ですが
大分音質がよくなりました
クリアというか 全体的に透き通った音になります

ですがオンボには 
DTSパススルー出力やらDolby Digital Live出力が無い?ので
5.1chにはなりません 
その機能が付いているサウンドカードを通せば
デジタル接続で5.1chになるっぽい




お次はPS3に光角型端子で繋いでみました


音質もそれなり PS3にはDolby Digital出力があるので
もちろん5.1chになる
BOのマルチをプレイしてみましたが 良い感じに聞こえます

FFAでは最初は定位置がつかめなくて混乱してましたが
慣れるとショットガンが届かない範囲くらいから足音が丸聞こえ
ぶっちぎりの1位である 気持ちいぃ




現状PCにデジタル接続で5.1chにできないので
しばらくはCS専用になりそうです
音質もよく 設定次第ではかなり遠くからでも足音を聞くことができるので
ガチでやるときはお世話になりそうですな
普段使っているTSS-20と使い分けよう


FPSをガチで!本気で勝ちたい! と思う人は2万を出す価値は十分にあると思います
トップランカーにオススメの商品


では次回


category: amazonレビュー

tb: 0   cm: 9

Creative Recon3Dレビューみたいなもの  

どうもです 今回は先日購入した
USBサウンドデバイス Recon3Dの使用感について個人的な感想を

wd.jpg


 
今までホームシアターや リアルサラウンドヘッドフォンは体験済みで
バーチャルサラウンドは未体験だったので 購入に至ったわけですが


繋ぐヘッドフォンはPioneerの SE-A1000を使用しました
imagesCAIAJ262.jpg


設定は色々な方のブログやらレビューサイトを回って
こんな感じにしました

Screenshot_1.jpg

こっちはイコライザー

Screenshot_2.jpg


ほぼ同日に PC版Cod4を購入しマルチプレイヤーへ



率直な感想は

やはりリアルサラウンドには敵わないと言ったところでしょうか
ヘッドフォンを使用するので当然ですが
足音や銃声はかなり遠くにいても聞こえます

音の方向は 左右は当然ですが 多少斜め四方向が分かるくらい?
リアルサラウンドやホームシアターの
真後ろや真正面から聞こえるというのはほとんど実感出来なさそうです


ヘッドフォンが悪いのかもしれませんが
ほかのレビュー記事を見ても サラウンド的には微妙という記事が目立ちます




独自の機能である スカウトモード

これは聞こえにくい音を強調するようにするもので
オンにしてみると 確かに足音や小さな物音が強調された気が
しかし 元々ヘッドフォンで聞こえる足音の大きさは十分なくらいなので
逆に大きくなりすぎて混乱してしまいそう
自分はあまり必要性は感じませんね

マイク周りについても色々と機能があるみたいですが
自分はボイスチャットする時は別PCでskypeを繋いでやっているので省略





音質について

自分はそこらへん専門ではないので素人の感想ですが
音質は値段相応 文句なしです 流石Creativeといった所でしょうか

上の画像でもあるように 音の設定はかなりいじれるので
設定を煮詰めていけばかなりいい音になると思います


Recon3Dで音楽やFPS以外のゲームサウンド(SKYRIMとか)を聞くのと
デフォのrealtekサウンドデバイスで聞くのとでは雲泥の差です
素人の耳でも違いがはっきり実感できます(当たり前っちゃ当たり前ですが)



ただ外付けUSBデバイスなので多少の遅延があります
FPSとかでは問題ない範囲ですが
PCの音ゲー(osuとかBMS)では結構ズレるので使わないほうがいいです



一応PS3やXbox360でも接続が多少面倒になりますが使えます
ただ各種設定を適用する場合は予めPCでしておく必要があります
デフォルトでも十分機能は発揮できますが






正直サラウンドについてはちょっと残念な感じですが
PCで音周りが構築できたし 音質は良く
CS機でも使えてコストパフォーマンスはそれなりと
個人的には無駄な買い物ではなかったと思えます


CS機のみで音環境を構築するなら過去に紹介した
AL-DP100Vのほうがいいですね(音質に目をつぶるなら・・)
過去記事

PC CS機ともども使い回すつもりで
なおかつ音質にこだわるならRecon3Dはオススメできます

ではまた

category: amazonレビュー

thread: 日記・雑記

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

Category

月別アーカイブ

ブログランキングなど

最新コメント

カレンダー

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。